• ホーム
  • 性病の再発にジスロマックを常備すべし

性病の再発にジスロマックを常備すべし

心配している男性

様々な種類の性病がありますが、女性が感染しやすい性病に膣部分に病原菌が住んでしまうクラミジア、カンジダ、膣トリコモナス、ヘルペス等があります。
中でもクラミジアは日本で一番感染者の多い性病と言えます。
性器の痛みや下腹部痛、おりものなどの症状がありますが、女性のほとんどが症状を感じにくいと言われており感染したまま放置しておくと卵管炎を起こし、子宮外妊娠や不妊症を引き起こすといわれています。
クラミジアに感染したら直ぐに病院を受診して医師の処方通りに薬を服用し、さらに一定期間をおいてクラミジア・トラコマティス菌がなくなっている事が確定すれば再発の心配はありません。
しかし、性病の再発に悩んでいる方がいることも事実です。
前回の診療で完全に治癒されていなかったり、性交渉の相手が次々に代わったり、特定の性交渉の相手が感染者のままでいたらまた感染してしまったり等、再発の可能性は様々な場面であります。

クラミジアでもっとも使用される服用薬にはジスロマックがあります。
一回に服用で済み、効果は7日間続くと言われています。
また、ジスロマックは抗生物質なので、クラミジアだけでなく歯科、のどの炎症や膀胱炎、子宮頸がん、マイコプラズマにも使用されています。
副作用の心配がほとんどないためにジスロマックを常備しているという方も多いようです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧